桜華鍼灸整骨院の気ままブログ

2016.10.18更新

港区品川・高輪泉岳寺駅前の桜華鍼灸整骨院です。

 

あなたはこのようなお悩みございませんか?

捻挫

 

 

 

□過去に何度も同じ場所をけがしている

 

□整形外科でレントゲンをとっても

異常が無いと言われた

 

□仕事や試合で休めないから

何とかしてほしい

 

□患部をかばってしまい他の場所まで

痛くなってきた

 

□捻挫や肉離れの時、どうすればよいか

わからない

 

どうする?

 

 

捻挫なんて、打撲なんてほっておいても治るよ

っておもいがちですが、場合によっては骨折よりも

厄介な場合があります。

 

骨折

ケガをされた場合は、症状の大小に関係なく

治療することをおすすめします。

 

 

桜華鍼灸整骨院では

初期段階の処置では、安静を目的としたテーピングや包帯を

使用した固定を中心に行っていきます。

痛めた場所の周りの筋肉にはり治療を施すこともあり

早期回復を目指します。

 

痛めた場所をそのまま放置はあなたの為にも

さけてくださいね。

 

 

 

 

桜華鍼灸整骨院

平日 10:00-20:30

土曜 10:00-15:00

定休 日・祝日

TEL 0354429334

 

お問い合わせはコチラ

 

 

 

 



 

 

 

投稿者: 桜華鍼灸整骨院

2016.10.12更新

港区品川・高輪泉岳寺駅前の桜華鍼灸整骨院です。

 

先日同じ症状で4名の患者様が来院されました。

 

4名とも膝の裏の痛みをうったえていました。

そんな日もあるもんですね(笑)

 

来院された方はほぼ女性でした。

 

あなたは膝の裏の痛みで悩んでいませんか?

 

膝の裏と言っても、

膝を曲げると痛い、膝をのばすと痛い、

正座をすると痛いなどなどその痛み方は色々とあります。

 

 

原因1 筋肉疲労

ウォーキングやジョギングをされている方が

膝の裏に痛みが出た場合、筋肉疲労が原因かもしれません。

 

 

原因2 腰痛による膝の痛み

腰痛の方は日常生活のちょっとした行動でも痛みを感じ

その度に腰をかばうため膝を痛めることがあります

 

 

原因3 リンパの腫れ

膝の裏に腫れが見られる場合

リンパが腫れている可能性があります。

長時間の正座や冷えなどが原因となり、

膝裏のリンパが腫れてしまう事があります

 

 

原因4 変形性膝関節症

歩き始めや階段の昇り降りの時などに

膝裏の痛みを感じる場合、変形性膝関節症の

可能性があります。

 

 

原因5 下肢静脈瘤

膝の裏の血管が浮いて違和感を感じている場合い

下肢静脈瘤の可能性があります

 

下肢静脈瘤は、静脈において、筋機能が低下して血液が停滞し

静脈瘤ができます。

女性に多くみられる症状です。

立ちっぱなし・座りっぱなしで仕事に従事している方に発症しやすいです。

 

 

膝は体重がかかる部分であり、日常生活のあらゆる行動に影響のある部位です。

膝の裏の痛みは、ストレッチや運動で改善されるものもあれば、

医療機関での治療をするしかない病気もあります。

「加齢だろう」「太ってるから」など、安易に判断せず、

原因に思い当たることがある方は対策を行いましょう。

 

 

桜華鍼灸整骨院では膝の裏の痛みに対し

手技や鍼灸を用いて治療していきます。

痛みの原因となる場所が筋肉ではなく

靭帯や腱である場合は手技ではあまり効果が

出にくい場合がございますので、

鍼灸での治療が最適です。

 

骨盤の歪みが原因で膝に負担がかかる

場合もございますのでそのような場合は

膝の治療の前に骨盤矯正をおすすめします。

 

ご自身で判断せず、まず当院のスタッフに

ご相談ください。

 

 

 

 

桜華鍼灸整骨院

平日 10:00-20:30

土曜 10:00-15:00

定休 日・祝日

TEL 0354429334

 

お問い合わせはコチラ

 

投稿者: 桜華鍼灸整骨院

桜華鍼灸整骨院 tel:03-5422-9334
tel_sp.jpg
アクセス・営業時間 メール予約 桜華鍼灸整骨院の気ままブログ Facebookページ 求人情報